大きくて良かったことか見当たらない

中3の後半に遅い生理が始まったころから胸がどんどん大きくなり、部活動で運動すると胸の揺れが大きく、精神面でも肉体面でもストレスを感じることが多くなってきました。

ルーナブラの評判とレビュー

当時はスポーツブラという知識がなく、補整力も弱かったので男女問わず周りから胸に視線が来ているのが分かり試合も集中できませんでした。
また、揺れるたびに胸の上の皮膚がちぎれそうに痛く、押さえながら毎日部活に励んでいました。

社会人になってからは特に、スーツを着ることも多くシンプルなシャツを着こなすスタイルが好みなのにボタンが閉まらなかったり、穴が広がる為中の下着が見えたりしていました。その頃には男性から見られても気にしなくなっていたので、見たければ見ろ!という感じでしたが、カッコよくスラッとスーツを着こなす女性になりたかったです。

趣味でランニングを始めた頃にはスポーツブラをしていましたが2キロ走っただけでも胸の上の皮膚が引っ張られて痛くなる始末。身体は揺さぶられるし本当に良いことがありません。
元カレには「大きすぎて気持ち悪い」と言われたこともあるし、

35歳過ぎると重力には逆らえずマッサージとかもしているけれど、どんどん垂れてきて今となっては牛のおっぱいのよう。
大きくて良いな~と言われるけど、将来どこまで垂れてしまうのか・・・・。
大きくて得をした事がないのが現実です。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。